+ + + 毎日、こんな感じ+++
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
緑映える庭

もうすぐ完成のこのお庭工事。

一次工事を4年前くらいにしてくださった追加工事です。

4年前に施工した部分の植栽もずいぶん立派に茂っていい感じに壁につたいはじめてて

やっぱり庭は3〜4年かかって完成していくもんだなぁと〜改めて実感。

明日は最後の仕上げに私も参加します。





 
work comments(0) trackbacks(0)
鉄に振り回される

お施主様が輸入門扉をオーダーした門扉が届いたのでここ数日かかって取付けしてきた。

さて、“ここ数日”・・・と言うのがポイント。

一般的な門扉は大概2日(工事実働日数)あれば取付けられる。

ところが今回の輸入門扉、鉄の門扉でやたらと重い。

しかも両開きにも係らず、両方の柱や門扉のサイズが微妙に違うし垂直もへったくれもない。

初日に柱を固定したら、地中に埋め込む部分の寸法が短すぎて重さに耐え切れず傾いてくるし

事前に造った門柱と柱が垂直に合わない。

塗装も所々めくれてて、その補修にも時間がかかる。

微調整するところがなく、左右非対称ってことはかなり難題なのよね。

値段は国産のアイアン門扉の約半分らしく、安さに魅かれてネット注文したお施主様、

打ち合わせ段階にも色々大変苦労されたご様子で、納期はなんと3ヶ月かかった。

もともと1ヶ月くらいで納品があったんだけど、品質が悪くて作り直しだと言われたらしいし

やっと届いた2回目の製作品も部品のあちこちに ??  な部分が多かった。

微調整が出来ないしどこかの部品が壊れたらもう門扉自体を交換みたいになってしまう

恐ろしい代物(笑)。

まぁ安いと割り切るべきなのか、そう思いたくはないけどアジア諸国で作られる品質を

あきらめるべきなのか。

お施主様も今回ばかりはかなり参った様子で、輸入門扉の恐るべし品質を実感されたみたい。

アドバイスはしてたけど、まさかここまですごいモノだとは正直私もびっくりした。

そんなこんなでやっと今日いろんな細工や補修をして無事取り付いたけど

やれやれ、安いのは安いなりの何かがあるって疑うべきなのかしら。

いい勉強になりました(笑)。





work comments(0) trackbacks(0)
景観条例と造成と調べモノ多し

なんで仕事って忙しいときに呼び寄せるようにさらに忙しくなるんやろ。

しんどかった体調は少し回復したけど、雨で工事が全体的に遅れてて

工程管理や職人さんの手配に結構てんやわんやしてる。

それに加えて、昨日新規の外構工事設計依頼が複数入ってきた。

ん〜 ありがたい。ありがたいんやけど・・・

仕事があるってことはホンマにありがたいことなんやけど、

慌しく動いてる時に限って次から次へと仕事が舞い込んでくるんやな。

ヒマなときは全然依頼もなかったりするのに(苦笑)。

昔っから思うんやけど、忙しさを均等に出来んもんかなぁと(笑)。

まぁ、ある意味水モノ的な商売なんで仕事がある時にやらないといけないんやけどね。

ワークショップの方も考える時間とりたいし、設計依頼もこなしたいしで

先週の観光気分はどこへやら、頭の中は朝から晩まで仕事モードです。




work comments(0) trackbacks(0)
もうすぐ始まります

訪問したお客様のお庭でちょっと失礼してパチリ♪

とってもセンスのいいお客様で、前のおうちから鉢やオブジェを持って来られています。

なんとこのおうち、玄関ホールからリビングまでの空間に

お嬢様のハープとグランドピアノがドドーンと置いてある!!

ハープ・・・間近で見るの、初めてでした(笑)。

このお宅が来月から始まる新しい工事の現場です。

約1ヶ月ちょいの工事になるかな?大きな物件で今から楽しみです。 



work comments(0) trackbacks(0)
「出来ます」とは。

会社が人を採用するってのはホントに難しいんだ・・・と実感する出来事があった。 

私は平社員だから偉そうなことを言うのは大変失礼な話なんだけど

新人さん、働き始めてもらって3ヶ月。

試用期間が終わった結果会社としては 「履歴書通りのそこまでの能力は、なかったんや」 

と思ったとのこと。



え〜 なにそれ?!



思った・・・で済まされると現場の私たち平社員には相当迷惑な話にならへんか?(笑)

そもそもうちの会社は求人を募ってなかった。

でも、今回の採用に至っては求人を募ってなかったところに自ら 「採用して下さい!」と

メールを送ってきて、メールの内容(添付の履歴書)がすごい実力者だったので

面接にこぎつけた人。

それなら即戦力やから、求人はしてなかったけどこの際ぜひ働いてもらいたい!と、

急遽人が増える話になったと言うのが経緯で、

面談の時の 「こんな仕事が出来ます」 のレベルが、突然の即戦力の登場に

舞い上がった会社側が過大評価してしまってたと言うお粗末な話を昨日聞かされた。

でも確かにそこんとこの表現と解釈って今回に限らず難しい表現やわな。

「出来ます」 が、 「一人で十分出来ます」 と 「一回だけやったことがあるので出来ます」

ってのが面接の時に聞ききれてなかったのがそもそも甘い話なのかもしれんけど

面接の時って売り込むワケやから後者のような表現は言わないよな・・・。

しかも求人がないところにそんな売り込みをしてくる位やから

相当実績があるんやろうと見込んだ会社の気持ちも仕方ないのかな。




で、急遽会社としては軌道修正が必要になってしまった。

その人が来るまでに準備したPCやらCADソフトやらの投資が当然回収出来ない状態なので

同じ部署の私にノルマと教育係が回ってきた・・・。




えっ??
それって、私に売り上げノルマが加算される話になるん・・・?



おいおい。



“おいおい”でっせ。

“おいおい”の意味はいろんな意味があるのでここでは細かく書かないけど。

とにかく、私は今凹みに凹んでます(笑)。









work comments(0) trackbacks(0)
ガーデンルームコンシェルジュ


先日丸一日講習を受けていただいた“ガーデンルームコンシェルジュ認定証”。

公的な試験じゃなくて金物メーカーさん独自のもので一定の商品知識・関連法規制知識を有した

認定者を作り出し、庭を起点としたリフォームのエキスパートを育て、

ガーデンルームのさらなる普及を目指しますって試みのものだそうで。

外構の設計の仕事を長いことやってるけど、正直今まで既製金物に詳しくなってどうすんの?

みたいな目で見ていた。

特に既製品ガーデンルームなんてホントのところここ5年位前まで売る気すらなかったし、

実際売ったこともなかったしその商品知識も全くと言っていいほどなかった。

既製品より完全オーダーで設計・施工することが当たり前の生活だったから。

それが今の会社に勤めるようになってから、異様に(私にはそう見えた)既製品ガーデンルームに

執着する体制があることにビックリした。

それにそのガーデンルームが売れたら「表彰式」みたいなものまで用意されていて

それに行きたいために必死になってる色んな会社さんがいることも知って更に驚いた。

(申し訳ないけど、特殊な集団に見えちゃった・・・苦笑)



私は・・・未だにまだ“ガーデンルームを一生懸命売る”って考え方には馴染めないし

先日初めてその表彰式に参加させてもらった(傍観者)けど、これまた私には違和感がある。

こんな意見を書くとエクステリア業界の反発を受けるかもしれんけど、

私はこれからも必死では売らんと思う。

儲かる儲からないで言うと既製品のガーデンルームは高額だし施工性がいい。

手離れ(施工日数)が早い=集金も早いから即売り上げにつながる=儲かる。

でも。

もちろん儲けることも大切やけど、それで満足するなら「デザイナー」じゃなくて販売者。

つまり、私は代理店になりたいワケでもなく、

売り上げナンバーワン営業マンになりたいワケでもないんだな。

設計して施工して・・・と言う奥が深〜い世界が好きだから。

本当に施主さんの生活に既製品ガーデンルームが必要かどうかを判断出来るかの方が大事だし

ちゃんと理由や提案出来ることがプロの仕事だと思ってるから、

「欲しいって言うから売った。」みたいなそんな軽い気持ちで販売するのは間違ってると思う。

そんな反:既製品ガーデンルーム派(笑)の私が今回研修を受けてきたかと言うと、

ちゃんと設計・施工するために必要な知識だと思ったから。

ん・・・前文と反するかもしれない?文章になってしまうけど、つまり、ちゃんと仕事をするための

一つの知識。

良いか悪いかを感じるために自分の知識としてちゃんと知っておく必要があったから。

だからそんな気持ちなのにこの認定証なるモノを頂いた事にちょっと違和感がありまして・・・笑



研修を受けてみて、メーカーさんからの正しい知識を教えてもらったこと(ここが大事)

有意義だった。

これをどう活かすかは私が決めること。

売る?売らない?

提案する?提案しない?

興味ある?興味ない?

(笑)。









work comments(0) trackbacks(0)
工事依頼有難うございます

デザイナー冥利につきるようなお話。

2年前に新築外構工事依頼のお話があったお客様からなんと工事の依頼が。

2年。2年も経って新築外構の依頼。当の私がビックリしてる。




それは2年前・・・。

私が以前勤めていた会社との相見積だった。

お客様は『ザ・シーズン』の大ファンで(笑)、実際に1軒目の家は『ザ・シーズン』で工事されて

とても満足されていいたので、今回2軒目となる新しいお家の外構とお庭も当然の流れで

その会社でやる“つもり”だったらしいのだが、2軒目のお家と言うこもあって少し他の会社も

見てみたいと言う気持ちが出たそうで偶然私に依頼がかかった。

お客様は私が『ザ・シーズン』出身とは全く知らずに依頼してきてたし、

私も特にそのことは言ってなかったんだけど、やっぱり図面を見ると独特(お客様談:笑)

らしく、私がその会社出身ではないかと悟られてしまった。

でも別に隠す必要もないので私は正直に『そうです(笑)』ってな会話をしてたんだけど、

結局お忙しいお施主様から

『考える時間が欲しいのでまた電話します』

と言われて、そのまま2年が経っていった。

私は心のどこかで『考える時間が欲しい』=『ザ・シーズンで工事してもらいます』って言う

お断りなのかな・・・と思ったのでそれ以上そのお客様に連絡することもなくなっていた。

それが今月初め、な、な、なんとお客様から電話が入った。

ホント、びっくり。

よくよくお話を聞くと本当に忙しかったらしく、『ザ・シーズン』と私のプランを比べて

今回は私のプランにするつもりだったらしいのだがなかなか電話出来ずに2年が過ぎたそうな。

2年ってね(笑)。

現場は新築された2年前の状況から何も変わってなくて、工事当初の仮設ポストがそのまま

使われているような状態で思わず笑ってしまった。

変わったところと言えば、広〜い敷地が雑草で埋め尽くされてしまってたところかな(笑)。

そんなこんなで、今もう一度打ち合わせ再開している。

2年前にお渡しした図面もキレイに残して下さっていて、本当に嬉しいかぎり。

お客様の言葉を疑った自分が恥ずかしいっ!!




工事は今年の梅雨明け着工予定。

また去年の大型物件並みの工事で職人さんは大変だろうけど、、また一ついい作品が

残せそうな予感。

頑張ろっ♪


work comments(0) trackbacks(0)
麻のストール

昨日、お庭工事の完工チェックと引渡しの挨拶にお伺いしたらお客様(奥様)から

「工事、ありがとうございました。これ、あなたをイメージして描いたの。貰って。」

と言って紙袋を渡されました。

中を開けてみると素敵な麻のストールが。

しかも可愛らしい花が描かれていました。

こういう気持ち、本当に嬉しい。

私たち工事に携わった者にとって「ありがとう」が一番のご褒美なのに、こんなプレゼントまで

頂戴して・・・。

A様、本当に有難うございました。なんだかもったいなくて使えない感じですが、せっかく

描いていただいたのでこの春、使います!!



あと、8日のチャリティーライブの時の写真。

↑青ちゃん熱唱中(笑)

今月は来週もライブらしいので、また新しい曲を練習中みたいです。



work comments(2) trackbacks(0)
秘密の花園

なんか色っぽい(笑)。 

なんとも妖艶なポーズに思わずカメラを向けましたが、これが今回の工事現場。

お施主様の趣向でこんな感じのオブジェや鉢がいっぱいゴロゴロ転がっています。

・・・そう転がってるんです。

多分高価なものなんだろうけど、お庭のあちこちに無造作の転がってる。

『秘密の花園』みたいなお庭がお好みのお施主様なんですが

お金持ちのお家のお庭に、この雑然と転がってる感じ、失礼ながら笑っちゃいます。 

現場進捗写真を撮らないといけないんですが、

この天使ちゃんも撮らずにはいられませんでした(笑)。

今日から着工のこの現場、お施主様も面白い方で楽しい一ヶ月が始まりました。
work comments(0) trackbacks(0)
契約万歳

粉砂糖をサラサラっと振りかけたような山が現場から見えます。

この景色が見える現場の契約が本日成立しました。約半年前から折衝を重ねてた

大きな現場です。ホッとしました。

今日はこのあと、今度は南方面に折衝へ行く予定。

北から南から走り回ります。

明日から3連休・・・ではなく、研修やら打ち合わせやらで3日間程事務所に来なくなるので

今日出来るだけのことはしてから旅立ちたい。って気分です。

さて、では準備して行ってきま〜す♪
 
work comments(0) trackbacks(0)
| 1/6 | >>