+ + + 毎日、こんな感じ+++
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
「出来ます」とは。

会社が人を採用するってのはホントに難しいんだ・・・と実感する出来事があった。 

私は平社員だから偉そうなことを言うのは大変失礼な話なんだけど

新人さん、働き始めてもらって3ヶ月。

試用期間が終わった結果会社としては 「履歴書通りのそこまでの能力は、なかったんや」 

と思ったとのこと。



え〜 なにそれ?!



思った・・・で済まされると現場の私たち平社員には相当迷惑な話にならへんか?(笑)

そもそもうちの会社は求人を募ってなかった。

でも、今回の採用に至っては求人を募ってなかったところに自ら 「採用して下さい!」と

メールを送ってきて、メールの内容(添付の履歴書)がすごい実力者だったので

面接にこぎつけた人。

それなら即戦力やから、求人はしてなかったけどこの際ぜひ働いてもらいたい!と、

急遽人が増える話になったと言うのが経緯で、

面談の時の 「こんな仕事が出来ます」 のレベルが、突然の即戦力の登場に

舞い上がった会社側が過大評価してしまってたと言うお粗末な話を昨日聞かされた。

でも確かにそこんとこの表現と解釈って今回に限らず難しい表現やわな。

「出来ます」 が、 「一人で十分出来ます」 と 「一回だけやったことがあるので出来ます」

ってのが面接の時に聞ききれてなかったのがそもそも甘い話なのかもしれんけど

面接の時って売り込むワケやから後者のような表現は言わないよな・・・。

しかも求人がないところにそんな売り込みをしてくる位やから

相当実績があるんやろうと見込んだ会社の気持ちも仕方ないのかな。




で、急遽会社としては軌道修正が必要になってしまった。

その人が来るまでに準備したPCやらCADソフトやらの投資が当然回収出来ない状態なので

同じ部署の私にノルマと教育係が回ってきた・・・。




えっ??
それって、私に売り上げノルマが加算される話になるん・・・?



おいおい。



“おいおい”でっせ。

“おいおい”の意味はいろんな意味があるのでここでは細かく書かないけど。

とにかく、私は今凹みに凹んでます(笑)。









work comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://waltzblog.jugem.jp/trackback/217
<< NEW | TOP | OLD>>