+ + + 毎日、こんな感じ+++
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
iro色いろ

美術の勉強はそれなりにしてきた“つもり”だった。

けど。

色を作るってことの難しさを改めて痛感しております。

今やってる布への色付けで使う顔料入りアクリル絵の具は色の種類が少ない。

基本の3原色にその前後の色合いがあるくらいで、あとは混ぜて自分で色を作る。

ボトルから出した絵の具をそのまま使うことはほとんどないから

自分が頭で創造して出したい色合いをパレットで作るまでに結構時間がかかる。

こんな色を作りたい! と思ってもなかなか思うような色が作り出せずに

どんどん深にハマッて、色もドス黒くなって益々収拾不可能・・・。

なのでもう一度色の勉強をしています。

私が普段使ってるのは仕事がらDICなのでその台帳を使って研究。

私は日本の伝統色っぽい(曖昧な表現!!)ものが好きやからまずは思い描いた色を

実際の色に表現出来るよう、脳内トレーニングね。

もう一度基本に返って色の勉強するって新鮮!!




waltz comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








わかる〜。
わかるわ、わかるわ、わかるわぁ〜〜!!
ほんと今日もワタシもネイルセミナーに参加して
色を作ること自体に時間かかってしまってました。
そして乗せても「なんか違う」って思うと先に進めず。

無限、天文学的数値で存在する色。
楽し、難し、ですよね。
そして混色していくほどに絵の具の量だけが増え
色はどんどんとくすんでいくのでした(笑)。

多分好きな色、owlさんとワタシは似てるんだろうな。
from. もも | 2011/06/09 20:16 |
ももさ〜ん!!その通り。混ぜれば混ぜるほど色は汚くなっていくし絵の具の量だけどんどん増える。まさにそう。
でもこの作業が実はすごく楽しい♪ 
お互い、色に係る仕事だもんね。また語ろうね〜
from. owl | 2011/06/10 09:11 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://waltzblog.jugem.jp/trackback/224
<< NEW | TOP | OLD>>