+ + + 毎日、こんな感じ+++
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
mamaの引越し

ぼちぼち。

ぼちぼち“その時”が近づいてきてるのかもしれんな。って感じる。




mamaが引越しを決断した。・・・らしい。

いつもmamaは事後報告。

NZへ行く時も結婚する時も、オークランドからクライストチャーチへ引っ越す時も

そして今回また北島へ引っ越すことも「決めた」と言う段階で私に言ってくる。 

2月の震災から続く余震や街の復興のことなんかでmama的には今が引越し時だと

思ったんだろうけど、なんせ近くに引っ越すんじゃなく南から北への大移動と言うからビックリ。

日本で言う沖縄から北海道って感じの距離なんかしら?!

それもこの11月に決行だと言うからダブルでビックリなワケで。

でもこの話を聞いて(正しくはメールで見て。まだ直接会話してない!! 笑)、

mamaは自分の最期を迎える場所を選び始めたのかなと思った。

常々私たち親子はお互いの死に目に遭える確立が低いことを承知していて、

悔いの残らない人生を自分で選択する事はごくごく自然な行動だと思っている。

実際私も今まで親に相談して決めることは少ないし、どっちかって言うと事後報告派(笑)。

だから親がどこに行こうとも特に反対はしないけど、今回はなんだかわからんけどちょっとだけ

寂しさを感じる。

クライストチャーチの街が私にとっても身近な街になってたってこともあったからかな、

そこでお世話になった人達や街のこともいざ離れると聞かされると名残惜しい。

クライストチャーチなら空港から家まで自力でも行けるし買い物なんかも勝手知ってるから

日本と変わりなく行動出来るようになってきてるし、今回の震災の時も日本のニュースででも

クライストチャーチの地理がよく分かってたからよかった面があった。

でもまた新しい街に行くとなれば、そこでmamaがこれから独りでどんな日常を送るのかが

わからんだけに心配。

毎回blogにも書いてるけど、私は親離れが全くと言っていいほど出来てないから

こう言うことにおいてはホントに心配で、今回の話を知ってからは毎日どうすれば私が悔やまないか

考えている。

考えて考えて・・・多分・・・11月にNZへ行くな、私(笑)。

引越しを手伝うのと、新しい街を見ておきたいってのとできっと行ってると思うな、私。




そこでmamaが人生を終えるかもしれない。

mama曰く、子供の頃に住んでた海が見える街に似てるらしい。

きっとそこに帰りたいと思う気持ちがその街を選んだ最大の理由なんやろうな。

海を見ながらゆっくり時間が流れる田舎の町で、これからの人生を静かに送るんだろうと思うと

“その時”、私も悔いのないように今mamaとの時間を過ごしたいと思う。

日本への帰国を望んでるけど、mamaが幸せな場所は日本じゃないんだな。

きっといい街だと思う。

だからmamaが笑顔で過ごせるよう、私が悔やまぬよう、11月の準備を始めよう。





家族・友達 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://waltzblog.jugem.jp/trackback/236
<< NEW | TOP | OLD>>